阪神淡路大震災から20年

今日で、阪神・淡路大震災から20年がたつそうです。20年か~、自分はまだ10代ど真ん中で、「え~!なんか嘘みたい」とニュースの映像を見ながら思ったのを思い出しました。

6434人が犠牲になられた阪神・淡路大震災。3.11より人数は少なかったのは、津波がなかったからでしょうが、ここに津波があったらいったい何万人亡くなることになっただろう、と映像を見てまた、思ってしまい、逆に関東大震災などへの危機感をしっかり認識することができました。

今日は、神戸市など被災した地域で、夜も犠牲者の追悼が続いているそうですが、家族を亡くした方は、それ以来時間が止まってしまったようになるようで、20年たっても喪失感は変わらないとコメントされていました。

きっと朝起きて、「あれは夢じゃなかったのか!悪い夢だったらよかったのに」なんて、思われたことだろうな~と、本当に思いますね。20年ってすごい時間がたっていますが、ずっと忘れることがないように語り継いでいかないと…。